水道の修理に自信がなければ工事業者へ

生活していると、さまざまなトラブルが出てくるものです。その中でも、水道に関することは大きな問題になりやすい性格を持っています。そのため、できるだけ早く回復させなければいけませんが、自分で直すことができるかどうかの判断も大切です。直すことができないのであれば、工事業者などに連絡して早く復旧させれば、被害を最小限に抑えることができます。

■まずは被害を拡大させないために

水道の修理は、漏れている状態を止めることから考えなければいけません。止めてしまえば、それ以上の被害を出さずに済むからです。知識として、簡単にできるかどうかを判断していく必要があるでしょう。水道には圧力がかかっています。場所によってはかなりの量が吹き上がってしまうことも考えられます。対応するためにも、大事な止水栓や元栓の位置を調べておき、すぐに締めることができるような状態にしておくと安心です。水量のコントロールに使われるのが止水栓や元栓ですが、締めてしまえば安全に作業を行なうことができるようになります。しかし、固着して締めることができない場合やそもそも場所がわからないのであれば、工事業者に依頼してしまう方が確実です。

■自信がないと思ったら工事業者に依頼する

修理しなければいけないときには、道具を用意する必要があります。交換しなければいけない部品も用意することになるでしょう。どうしたら直るのかがわからないときには、確実に経験が足りません。調べてわかることもありますが、やはり構造などが違う場合は対処できません。一度も触ったことがなければ、確実な対応はできないでしょう。直しながらパニックになっても間に合いません。
自分で直したいと思っていても、道具もない状況であれば購入しにいかなければいけません。時間的なロスにもなってしまうので、無理だと思ったときには素直に工事業者に依頼した方が早いです。水道 工事は思っているよりもハードルが高いので、自分の判断だけで対処するのは危険です。

■まとめ
水のトラブルが発生したら無理をしないことが大切です。これだけで無駄に被害を広げないで済むようになります。止水栓や元栓を締める際に、いったいどんな道具が必要なのかといったことも、被害の拡大防止には必要になってくるでしょう。工事業者の手配にしても、被害が広がる前に行なっておけば精神的な余裕につながります。自分で直してトラブルを悪化させないためにも業者に依頼する判断を行なうことは大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ